ARINODAI KINDERGARTEN 学校法人 有野台幼稚園

  • 園の概要
  • 園の方針
  • 保育の特色
  • 園での一日
  • 入園案内
  • ブログ
  • 求人案内

園の概要

園の動画がご覧になれます。音が出ますのでご注意ください。

園の施設について

ありの藤原幼稚園

1971年神戸市北区有野台に「学校法人有野台幼稚園」として兵庫県に認可され、設立しました。
2010年に「有野台幼稚園」を現在の藤原台に移設し「ありの藤原幼稚園」に改称いたしました。
移転新築にあたり、敷地面積を有効に考えたL字型の園舎に加え、白を基調とし光と風を存分に室内に取り入れられるよう建築家に依頼いたしました。
2階吹き抜け空間には明るく開放的な「お話コーナー」を設け、常時1,000冊以上の絵本を楽しむことができます。又、園庭に設けられた花壇、オーニングやバーゴラなど、日々改装やメンテナンスを行っております。

〒651-1303 神戸市北区藤原台南町1-11
TEL(078)981-1111 FAX(078)981-2688
(電話は土・日・祝祭日を除く午前9時より午後5時まで)

ありの藤原幼稚園 園舎
園舎園舎

幼保連携型認定こども園 キッズキャンパス

学校法人 有野台幼稚園 幼保連携型認定こども園 キッズキャンパスは2015年にありの藤原幼稚園の東側に設立いたしました。
「キッズキャンパス」は中庭を挟んで左右対称の光と風が通る明るい作りとなっています。
中央に大きなもみの木を配した中庭は園のエントランスも兼ねており、シンボリックな印象を持ちます。又園舎のいたるところに光が抜ける空間を配し、開放的な作りとなっています。
キッズキャンパスにはキッチン(厨房)が備えられ、すべての園児に新鮮な食材を使った給食が提供されます。
園舎の中央部分に設けられた吹き抜けランチコーナーには遊び心満点の「かくれが絵本室」が作られ、園児たちの想像力を掻き立てる場所となっています。

幼保連携型認定こども園 キッズキャンパス
〒651-1303 神戸市北区藤原台南町1 丁目7-5
TEL(078)982-6300 FAX(078)982-6500
(電話は土・日・祝祭日を除く午前9時より午後5時まで)

キッズキャンパス 園舎

ログハウス(子育てサロン・食育ひろば)

ログハウス(子育てサロン・食育ひろば)は、2015年 キッズキャンパスの敷地に併設しました。
この施設は、木のぬくもりを肌で感じ取ることができるようにフィンランドから輸入のログハウスを設置しました。
1階には薪ストーブを置き、冬の厳しい寒さをむしろ満喫しようと考えました。薪の燃える環境は今ではなかなか体験できないことかもしれません。かじかんだ手や体を温めたり、菜園で作った野菜の入ったポトフを作っていただいたり、ある冬の寒い日には暖かい暖炉の前で絵本を読んでもらったり、こどもたちには豊かな心暖まる体験となるでしょう。

ログハウス(共用施設)

多目的ホール

学校法人有野台幼稚園 多目的ホールは2006年、元の園舎に近い有野台に設置しました。
園行事を行うために作ったホールですが、園庭に芝生を敷き詰めることにより園児たちが野外活動を芝生で行うことを可能にした、とても大切な施設です。
入園式、卒園式やイベントなどもここで行なっています。

神戸市北区有野台8-30-1

多目的ホール
多目的ホール多目的ホール

園の沿革

1971
学校法人 有野台幼稚園 兵庫県認可
有野台幼稚園 設立
1983
同法人立 春日台幼稚園 設立
2006
学校法人 有野台幼稚園 多目的ホール設置
2010
有野台幼稚園を藤原台へ移設
ありの藤原幼稚園に改称
2015
同法人立 幼保連携型認定こども園 キッズキャンパス 設立

安全管理について

園内の安全対策について

園内の安全対策について

・正門は監視モニター付のオートロック電子錠にて施錠しています。また、園内には録画式防犯カメラを数台設置し、24時間体制で園内の環境を見守っています。
・警察へつながる非常通報装置・刺股の配備、そして全職員が催涙スプレーを携行するなど不測の事態に備えています。
・保育中は門扉を施錠して来園者のチェック(保護者の方へ来園許可証の配布)をしています。
・月1回の防犯、防災訓練や「危機管理マニュアル」に基づき、日頃から全職員の危機管理の意識づけを行っています。

AED(自動対外式除細動器)

緊急時の対応について

・園内にAED(自動対外式除細動器)を設置しています。職員はAEDの使用法を含め、救命救急講習を受講しています。また、緊急時に保護者との連絡を迅速に行う携帯電話のメール機能を利用した"ようちえんネット"での連絡システムも導入しています。

園の概要